YouTube公式アプリの使い方:基本機能とできることまとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTube公式アプリの使い方:基本機能とできることまとめ

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/official-app) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 0 

YouTubeはPCでもモバイル端末でも大人気だよね!

スマホだと機能が限られているからPC派!
という人も多いかもしれないけど、今やモバイル利用者もとても多い。

そこで、今回はYouTube公式アプリの使い方講座として、
基本的な機能や、できることをまとめて紹介していこうと思う。

インストール方法

YouTube – Google Play の Android アプリ

YouTube公式アプリは、AndroidではGooglePlayストアでインストールしよう。

 

動画の検索方法

まずは動画を検索する方法だ。
アプリを起動したら右上に注目!虫眼鏡のマークをタップするんだ。

kennsaku

すると、テキスト入力画面が表示されるから、
探したい動画のキーワードなどを入力して、キーボードの実行マークをタップしよう。

Screenshot_2015-11-15-17-59-06 (1)

 

検索結果の中で、もう少し詳細に検索したい場合のメニューがある。

Screenshot_2015-11-15-17-59-42 (1)

右上のマークをタップだよ。
すると、詳細検索が表示される。

Screenshot_2015-11-15-17-59-57 (1)

コンテンツタイプは、そのキーワードのついたチャンネルを探したいのか、
動画のキーワードを探したいのかを選択できる。

アップロード日は、動画がアプロードされた日を選択することで、
動画の検索結果を絞ることが出来る。

長さは、動画の再生時間だ。短めか長めかの選択ができる。

その下は、
字幕4K動画HD(高画質)動画3D動画ライブ(生配信)動画
から、探したいものにチェックを入れよう。

このように、PCと同じような詳細検索ができるんだ。

 

画質の変更をする方法

YouTubeアプリで画質設定をするには、
動画を再生している画面上でタップをして、表示される3つのマークから
一番右のメニューマークを選択

Screenshot_2015-11-15-17-19-20 (1)

 

すると、下図の表示が動画再生画面に出てくるので
歯車の形をした「画質」設定ボタンをタップしよう。

Screenshot_2015-11-15-17-27-17 (1)

 

自動/144p/240p/360p/480p/720p/1080p の画質から選択できるね。

通常であれば自動設定にしておけば問題はないだろう。

ちなみに、画質を良くするということは、
通信されるデータ量が増えるということだ。

スマホで携帯回線を使ってる場合、あまり高い画質で多くの動画を見ると、
月々の通信量制限を突破して、通信制限されることもあるから注意だよ。

画質については、
YouTubeが快適に見れる通信速度基準と測定方法まとめ の記事でも
詳しく解説したから参考にしてみてほしい。

前の画面に戻る方法

YouTube公式アプリで、画面を1つ前に戻すときは、
端末の戻るボタンを利用しよう。

アプリ自体には”戻るボタン”はないからね。

ただし、操作の一連のページを進行している時は、
ページ左上の矢印が表示されていれば、その矢印から戻る事は出来る。
Screenshot_2015-11-15-17-59-42 (1)

動画をSNSでシェアする方法

自分が再生した動画を皆にも教えたい時には、SNSで簡単にシェアできる。

動画を再生している画面上でタップをして、表示されるマークから
矢印マークを選択。または、再生画面下の矢印マークを選択

Screenshot_201-11-15-17-19-20 (1)

すると、端末で使える共有アプリがずらっと表示されるから、
スクロールして好きな共有アプリを選択しよう。

Screenshot_2015-11-15-17-39-55 (1)

 

動画のURLをコピーする方法

先ほどの動画を共有するための画面の右端上に、URLをコピーという文字がある。

ここをタップしよう。

Screenshot_2015-11-15-17-39-55 (1) (1)

すると、端末のクリップボードにURLがコピーされるんだ。

メールやSNS投稿画面等のテキスト入力欄や、
ブラウザのアドレスバーなどに「貼り付け」すれば、
そのコピーしたURLがペーストできるよ。

 

動画のリストやおススメ動画、再生履歴、検索履歴を管理

ホーム画面に戻ろう。

Screenshot_2015-11-15-16-59-24

YouTubeアプリを起動した最初のページは、
ホーム画面が表示されている。

ここでは、再生履歴元にして、YouTubeのシステムによって自動で選ばれた
おススメ動画関連動画などが表示されるんだ。

これらを表示したくない場合は
メニューマーク設定プライバシーを順にタップしよう。
再生履歴と検索履歴を削除したり、記録しないように設定できるよ

(関連記事:スマホでYouTubeの”あなたへのおすすめ”を削除する方法 )

のタブをタップすると、君が登録したチャンネルが表示される。

のタブは、君のチャンネル管理ができるページだ。
再生リストや、投稿した動画の管理ができるんだよ。

 

動画を投稿する

YouTube公式アプリでは、撮影して端末に保存した動画を簡単に投稿できる
その方法を解説しよう。

step1.ユーザータブをタップする

まずは、自分のユーザーページを開こう。
一番右のマークがユーザーページのタブだ。

kennsku (1)

step2.動画を選択するページへ移動する

ユーザーページにある矢印マークをタップしよう。
Screenshot_2015-11-15-20-51-57 (1)

 

すると、現在端末にある動画が表示されるから、投稿したい動画をタップしよう。
Screenshot_2015-11-15-20-52-18 (1)

すると、初めて使う時にはこんな風にガイドが表示される。
参考に目を通したらOKをクリックだ。
Screenshot_2015-11-15-20-52-42 (1)

 

step3. 動画の編集ページで必要な編集ができる

OKをタップしたら編集ページに移動したね?

YouTube公式アプリでは、動画編集をして投稿する事も出来る。
簡単な編集なら、わざわざ動画編集アプリを使わなくてもいいんだね!
Screenshot_2015-11-15-20-53-36 (1)

 

ページを下へスクロールすれば、動画のタイトル公開設定など
入力することができる。

音楽を追加したり、動画に加工をしたり、必要な編集を終えたら
ページ上部の投稿ボタンをタップすれば動画を投稿できるよ。

投稿ボタンをタップすると、アップロードした動画を管理するページに移動する。
ここでは、自分が今までアップロードした動画や、
今アップロードした動画についての設定や管理ができるんだ。

では次に、それぞれについて解説していこう。

投稿した動画の管理

今投稿したばかりの動画が一番上に表示されている。
もし、この動画を削除したければ、一番右のマークをタップしよう。

Screenshot_2015-11-15-21-25-30 (1)

アップロードのキャンセルという表示が出たらタップしよう。
今までに投稿したそれぞれの動画を削除・編集・共有したりもできるし、
リストに追加する事も出来る。

 

スマホYouTubeアプリで ”できないこと” まとめ

さて、色々と便利で簡単に出来る機能が沢山あるYouTube公式アプリだけども、
やはり ”できないこと” もあるんだ。

ここでは、YouTube公式アプリで ”できないこと” をまとめておくよ。
最後に、”できないこと” を補ってくれる方法もまとめて紹介しておくから
参考にしてほしい。

オフライン再生

オフライン再生とは、
インターネットに接続していなくてもYouTube動画を視聴することだ。

端末に動画をダウンロードすることと同様の意味でもあるね。

これが可能だと、通信制限や接続が途切れる場所などを気にすることもなく
動画を楽しめるってわけだ。

YouTubeでは、バージョン5.17.6 での設定メニューに
「バックグラウンドとオフライン」という新メニューが表示されていた事がある。

ただ、YouTube自体は仕様が変わって、この機能はすでに今は使えないんだよね。
ということで、通常のYouTubeアプリでは現状、オフライン再生はできないんだ。

今後の展開としては、オフライン再生などができるYouTube MusicKeyが
新しい「YouTube Red」として生まれ変わるらしいね。

既に米国ではサービスを開始しているよね。
参考:YouTube Red(有料版)最新情報まとめ/日本ではいつから?…など

倍速(スロー含む)再生

動画は、ただ楽しむだけでなく、何かを習得する時や語学勉強などにも利用する。
こういった時に、スロー再生や倍速再生があるととっても便利だよね!

ただし、YouTubeアプリでは、この再生速度の変更機能も残念ながらついていない。

 

バックグラウンド再生

バックグラウンド再生は、YouTube動画を再生しながら他のアプリを操作することだ。

電話中に相手に動画の音を聞かせてあげたり、
メールやSNS、web閲覧をしながらBGMとして動画を流したりできると
とっても楽しいんだよね!

でも残念ながら、この機能もYouTubeアプリには無いんだ。

 

リピート再生

リピート再生は、例えばAからBの区間を繰り返し再生することだ。

特にダンスの練習や音楽の練習、語学練習など
繰り返し一部分だけを観たり聴いたりしたい場面は多いだろう。

この機能も、YouTube公式アプリには、無いんだよね。

上記の ”できない” を補うにはサードパーティーアプリを利用

これらの ”できないこと” って、実は多くの人が「あったら便利」と思ってる機能で、
便利というより、無いと不便とさえ思っている人も多いはずだ。

僕の講座でも、そういった機能を持つサードパーティーアプリを沢山紹介してきたけど、
それだけ需要が多いんだよね。

そこで、YouTube公式アプリでできないことは、
以下で紹介したアプリなどを使って、便利にYouTubeを活用してもらえればと思う。

まとめ

どうだったかな?

ちょくちょくアップデートされて新しい機能も増えて
とても使いやすくなっているYouTube公式アプリ。

できることを簡単にまとめてみたけど、結構できる事が多いよね。

  • PC版YouTubeサイトと同じような動画の検索ができる
  • 画質変更ができる
  • 動画をSNSでシェアできる
  • 動画のURLを簡単コピーできる
  • 動画リスト・おススメや再生履歴などの管理ができるう
  • 動画の投稿と編集、加工が簡単にできる
  • 投稿した動画の管理ができる

などの”できること”を紹介した。できない事は他のアプリで補えば、
スマホでもYouTube公式アプリは便利に使えることが解ったと思う。

PCと同じとは言わないが、かなり近いところまで楽しめるんだね!
今後もスマホ用のYouTube公式アプリの進化が楽しみだね!

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/official-app) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 0 
スポンサードリンク


コメントする


▼本文

※○○できない!という場合は、まず記事に書いてあることを一通り試してみてください。
それでも解決しなかったら、どのような状態か、どのようなエラーが出ているかを具体的に記述してください。

※全てのコメントに対しての返信はできませんが、いただいたコメントは今後の参考にさせていただきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ