YouTube:音声ミュート設定/解除方法&できない時の解決方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTube:音声ミュート設定/解除方法&できない時の解決方法

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/mute) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 0 

YouTube再生で ”ミュート” 切り替えができることは知ってるよね?

動画は、目と耳で楽しんでこそだから、ミュートにする必要ある?
と思う人もいるかもしれないね。

でも、いくつも動画を新しいタブで開いたときや、
webサイトの埋め込み動画が多いときや音量が気になる場所では、ミュートは役立つんだ。

そこで今回は、ミュートにしたりミュートを解除したりする方法について
解説していこうと思う。

YouTubeで音声ミュートする方法と解除する方法

YouTube動画再生画面で音声をミュートしたり解除するのは簡単だ!

  1. 動画再生画面にあるスピーカーマークをクリックするたびに
    ミュートとミュート解除が切り替わる
  2. キーボードの ””を押すことでもミュートとミュート解除が切り替わる

2016-01-29_03h03_54

×が表示されているときはミュート状態だ。

ちなみに、ミュートの解除は、音量バーを動かすことで解除もできる

2016-01-29_03h3_54

YouTubeは色々仕様が変更されるんだけど、
現在デフォルト設定では音声はミュート状態となっている。

ミュート解除できないという時の解決方法

スピーカーマークをクリックしても、
キーボードのmを押してもミュートにならない場合には
いくつかの原因があるんだ。

ブラウザやソフトウェアの不具合

ブラウザの不具合や、プラグインの影響などによって、
例えば、違うブラウザではミュート解除ができる場合、
キャッシュの削除等で問題が解決するよ。
 
PCの再起動やブラウザのリロード、再起動などでミュート解除できることもあるんだ。
 

埋め込み動画の影響

最近では、webサイトに動画が埋め込まれていることが多いよね。 
こういった動画には、自動再生しない設定だけではなく、
ミュート設定にして埋め込んである場合も多いんだ。
 
閲覧者の意思で動画を開いているわけではないから、
突然音が鳴ることで不快に思われないよう、配慮しているんだけども、
 
この動画のミュート設定が残ってしまうことがあり、
以降YouTube再生ページでもミュートのままになることがあるらしい。
 
この場合は、煩わしいけれども、YouTube再生ページを開いたら
手動で再度ミュートを解除しよう。
 

YouTubeの不具合

ブラウザなどの不具合はない、という場合に、
YouTubeの不具合も考えられる。

下記は、2013年に実際に起こったミュートの不具合に対するYouTubeの回答だ。 

YouTube の音声が聞こえなくなってしまい、ご不便をおかけしております。
YouTube はこちらを既知の問題と認識し、米国エンジニアが鋭意対応中でございます。
 
こちらが問題が修正されるまでの間、以下の解決策をお試しいただけますと幸いです。
 
方法 1 : プレーヤーの左下のスピーカー マークをクリックし、手動で音量を変える。
 

 アドオンで設定してしまっている

特に多いのが「Google Chrome Toolbox」という、Chromeを便利に使う拡張機能で、
その中にミュートに関する設定項目がある。

その項目は、ショートカットキーのAlt+Wで切り替えることもできる便利な設定だけど、
うっかり、そのショートカットキーを押してしまっていた、ってことが原因で
ミュートされてしまったケースが考えられる。

ミュート解除したはずなのに、なぜかミュートになってしまった!
ってときは、君がChrome Toolboxを入れていたら、試しにAlt+Wを押してみよう。
ミュートとミュート解除が切り替わったんじゃないかな?

 

権利者の申し立てにより動画の音声がミュートされた

YouTubeでは著作権の保護として、コンテンツIDに登録した音楽を無断利用すると
第三者コンテンツの音楽が含まれています」という警告が、
動画管理ページに表示されるようになっている。

この場合、動画に広告を貼って権利者に広告収入を支払う設定にするか、
動画を削除するかが、よく知られているペナルティなんだけど、

実はもう一つ「音声をミュートする」というペナルティがあるんだ。

これは権利者の希望により、YouTube側でミュートさせているから、
動画投稿者はもちろん、閲覧しているユーザーもミュート解除ができないんだ。

こういう場合は、あきらめるしかないね…

まとめ

どうだったかな?

ミュートにしたり、ミュートを解除したりできただろうか?
ちょっとした操作で簡単に切り替わるから、誤操作に注意が必要だね。

  • 動画再生画面のスピーカーマークをクリックしてミュートを切り替える
  • スピーカーマークの横の音量調整バーを動かすとミュート解除できる
  • キーボードの ”m” を押してもミュートと解除の切り替えができる
  • Chrome Toolboxが有効になっている場合、ミュート切り替えのショートカットキー ”Alt+W” を知らず知らずに押してしまって、ミュートを切り替えてしまうことがある
  • webサイトの埋め込み動画がミュート設定になっていた場合、それが影響して他のYouTube動画もミュートになることがある
  • ブラウザの不具合や、YouTubeの不具合でミュートが解除できない場合もある
  • 権利者の申し立てによって、音声をミュートされてしまった場合は解除できない
  • 現在はデフォルトでは、音声はミュートになっている

ということだね!広告配信が増えた2013年あたりから、YouTube再生画面のデフォルトは
ミュートに設定されるようになった。

突然音声が流れだすと、時と場合によっては迷惑でもあるから
親切な方法だと僕は思っているよ。

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/mute) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 0 
スポンサードリンク


コメントする


▼本文

※○○できない!という場合は、まず記事に書いてあることを一通り試してみてください。
それでも解決しなかったら、どのような状態か、どのようなエラーが出ているかを具体的に記述してください。

※全てのコメントに対しての返信はできませんが、いただいたコメントは今後の参考にさせていただきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ