YouTube:動画再生中フリーズ/固まる原因と解決方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTube:動画再生中フリーズ/固まる原因と解決方法

▼この記事をシェアする
 3 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/freeze) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 1 

YouTubeで動画を見ていると、再生中にフリーズしたり
画面が固まって再生が進まないことがある。

せっかく楽しみに動画を見ているときに、
これはかなりのストレスだね。

そこで今回は、動画を再生している時に画面が固まる、
フリーズの原因と解決法について解説していこう。

動画のフリーズ原因

動画がフリーズして再生が固まったときに、
マウスやキーボード、ブラウザ自体フリーズするケースと、
動画の再生だけがフリーズするケースがあると思う。

まず動画だけがフリーズする場合に考えられる主な原因は、

  • ネット回線が不安定
  • ブラウザに不具合が起きた
  • デバイスの処理能力の問題
  • ディスプレイやグラフィックドライバーの問題

そして、マウスやブラウザなどデバイス全体がフリーズしてしまう場合の主な原因

  • メモリ不足、CPUに大きな負荷がかかっている
  • デバイス自体のアップグレードが必要

などだ。

YouTubeは、動画を読み込みながら再生する ”ストリーミング再生”だ。
当然ながらインターネット接続が不安定な時は、動画の読み込みが進まず、
再生も止まってしまうよね。

また、ブラウザの不具合が起こっていると、
YouTubeの再生ページそのものも、うまく再生ができずフリーズすることがある。

そして、PCにしてもスマホにしても、YouTubeを見ているデバイス自体に負荷がかかり、
処理能力が追いつかず、動作が重くなることも大いに考えられるし、
システムのメモリを沢山使っている場合も同様だ。

以上を踏まえて、手っ取り早く対処できるものから順に、
動画がフリーズする場合の対処方法を解説していこう

すぐにできるチェック&対処

画質を落とす

今、YouTubeでは高画質動画4K動画も投稿されている。
動画の画質が高くなるほどデバイスやブラウザの処理能力が必要になるし、
ネット回線も高速通信でなければ、まともに動画が見られない。

そこで、すぐにできる対処としてYouTube動画の画質を落としてみよう

YouTubeでは接続環境に応じて、デフォルトの画質にして再生してくれるんだけど、
念のため設定をチェックして、
画質が高くなっていたら低めにすることで、再生がスタートする場合がある。
再生画面で簡単に設定できるから、一番手っ取り早いチェック方法だね!

PCは、動画プレーヤーの右下の歯車マーク「設定」をクリックして
画質から 480p以下で設定しよう。

2016-01-27_00h46_01

スマホなら、こちらの記事を参考に画質設定してみよう。
AndroidスマホでYouTubeの画質が悪い原因と解決方法

ブラウザを更新、再起動

YouTubeを見ているブラウザの軽い不具合程度であれば、
ブラウザをリロードしたり再起動することで解消する。

また、ブラウザを最新に更新していないことが原因でフリーズすることもあるから、
常にブラウザは最新にしておこう。

GoogleChromeの場合は、ブラウザ右上の(メニュー)をクリックし、
設定を選択する。

2016-01-27_02h17_37

次に、開いたページの左側にある概要タグをクリックすると、
現在のブラウザの状態が表示される。

最新になっていない場合は、
概要タブをクリックすると自動的に更新ボタンが表示されるから、
最新版にしておこう。

 

 

ブラウザ以外の動画・音楽再生ソフトやアプリを終了させる

これは、デバイスのメモリやCPUの負荷を軽くするためにも必要な作業だ。

特にブラウザでのYouTubeページ以外に
動画や音楽など、CPUやメモリを多く使うアプリを多重に起動すると、
途端に動作が重くなったりもする。

ブラウザで沢山のタブを開いて動画を見ている場合も同じだ。

こういった多重起動を終了させ、できればブラウザのタブも終了させてみよう。
案外すんなりと動画再生がスタートすることもある。

キャッシュ削除、PC再起動など

アドオン含めたブラウザのキャッシュ(一時ファイル)の影響や、キャッシュによる
ブラウザの圧迫を解消することで、スムーズな再生が復活する場合は多い。

また、PCの再起動も「困ったら再起動」する人も多いくらい、
起こった不具合をクリアできるオススメ手段だ。

 

その他の対処方法

これは、IEの場合特に有効といわれる対処方法だ。

GPUレンダリングを無効にする

動画などの負荷のかかる処理を、CPU(人間でいう脳)の代わりに
GPU(画像処理、画像出力を担当する部分)に任せようというのが
GPUレンダリングというんだけども、

GPUレンダリングが有効になっていると、一般的には動画再生の負荷が軽くなる

でもその代わり、
動画や画像などを扱うソフトを多数同時起動したりすると、
不具合が起きやすくなる場合もある
んだ。

もし、複数の動画アプリやソフトを同時起動するなら、
GPUレンダリングを無効にしておこう。

 

IEの右上の歯車マークをクリックして、インターネットオプションクリックするよ。
開いたインターネットオプション詳細設定タブをクリックしよう。

2016-01-27_03h23_54

GPUレンダリングでなく、ソフトウェアレンダリングを使用する」が空欄になっていたら
チェックを入れよう

最後にOKをクリックする。

まとめ

どうだったかな?
動画はフリーズせず再生されているだろうか?

フリーズの原因や対処法をまとめてみよう。

  • 動画再生だけがフリーズする場合は、ネット回線やデバイスのメモリに原因がある
  • ブラウザやドライバーなどの不具合の場合もある。
  • 動画の画質をまず落としてみたり、ブラウザをリロードしたり簡単な対処法から試してみる
  • どれでもフリーズする場合は、GPUレンダリングを無効にしたり、グラフィックカードの更新やドライバーの削除も手段の一つ。

ということだね!
まずは手っ取り早くできることから順に試してみよう。

▼この記事をシェアする
 3 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/freeze) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 1 
スポンサードリンク


コメントする


▼本文

※○○できない!という場合は、まず記事に書いてあることを一通り試してみてください。
それでも解決しなかったら、どのような状態か、どのようなエラーが出ているかを具体的に記述してください。

※全てのコメントに対しての返信はできませんが、いただいたコメントは今後の参考にさせていただきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ