• このエントリーをはてなブックマークに追加

「ようつべ」の意味と起源について わかりやすく詳細解説

▼この記事をシェアする

ようつべ見てる」「ようつべに動画うpした
と、いった文脈で使われる「ようつべ」という言葉・・・

この「ようつべ」という言葉はどういう意味なのか?

ネットではかなり普及してるから、知ってる人は多いとは思うんだけど…
実はよく分かってなくて、今さら聞けない…
って人のために、この記事で「ようつべ」の意味を詳しく解説しておこう。

「ようつべ」とは「YouTube」のことを意味する

一言で言うと、「ようつべ」とは「YouTube」のことだ。

YouTube」を、ローマ字入力すると、
Yo → よ、u → う、Tu → つ、be→べ で、
ようつべ」になるという、ただそれだけの事なんだ。

ネットでよく使われている、YouTubeの略称、愛称みたいなものだね。

YouTube」よりも、「ようつべ」と入力した方が、
パソコンの場合も、ローマ字入力から半角入力にする手間が省ける。

スマホのフリック入力なら、文字入力数が約半分になるから、
かなり入力の手間が省けることになるよね!

スマホユーザーが増えた現在、TwitterでもわざわざYouTubeと入力せずに、
「ようつべ」と省略して入力する人もたくさんいるね。

ようつべ – Twitter検索

ちなみに、「ようつべ」がさらに省略されて、
「つべ」とまで略されることもあるようだね。

文脈でなんとか判断はできるけど、
「つべ」まで略されると、その言葉単体じゃ分かりづらいよね…

「ようつべ」の起源・使われ始めた時期

「ようつべ」という言葉が使われ始めたのは、
日本でネットユーザーを中心に、YouTubeが知られ始めてきたのとほぼ同時だね。

YouTubeのサービス開始が2015年12月で、
ようつべ」という言葉が使われ始めたのは、
Googleトレンドで調べてみると、2006年4月頃だとみられる。

ちなみに、「ようつべ」という言葉が最初に使われた「起源」は、
おそらく、2ちゃんねる掲示板あたりじゃないかな。

その頃に生まれたネット用語は、大体が2ちゃんねる発祥のものだからね。

2006年中頃の2ちゃんねるへの書き込みで、
「ようつべ」という言葉が使われてるのは確認できたけど、
一番最初に使われたものは、さすがに確認できなかったね…

編集後記

「ようつべ」という言葉の意味と起源について、詳しく解説してみた。

数年前までは、「ようつべ」という言葉は
「オタク用語」「2ch用語」といったイメージもあったようだけど、
今ではTwitterなどでも一般的に使われる、だいぶメジャーな言葉になってるね。

ある程度ネット使った事ある人には、「ようつべ」と言って通じるけど、
ちょっとネットに疎い人には通じないかもしれないから注意だね。

もちろん、学校のレポート会社でのやりとりなどの真面目な場面では、
「ようつべ」ではなく、「YouTube」と正式名称を使うようにね!

ちなみに、ボクの名前の「よぅつべぇ」も「ようつべ」が由来なんだよ!

スポンサードリンク


One Response to “「ようつべ」の意味と起源について わかりやすく詳細解説”

  1. 匿名 より:

    ようつべサービス開始、2015年の12月じゃないですよ。
    2005年の2月です。

コメントする


▼本文

※○○できない!という場合は、まず記事に書いてあることを一通り試してみてください。
それでも解決しなかったら、どのような状態か、どのようなエラーが出ているかを具体的に記述してください。

※全てのコメントに対しての返信はできませんが、いただいたコメントは今後の参考にさせていただきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ