YouTube広告収入を得て確定申告・納税が必要になる条件
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTube広告収入を得て確定申告・納税が必要になる条件

▼この記事をシェアする
 1 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/tax-return) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 0 

君はYouTubeでどれくらい収入を得ているのかな…?

たくさん稼げてるなら良いことだけど、
「確定申告」は大丈夫かい…?

YouTubeで収入を得る方法などについてを色々な角度で僕も伝えてきたけど、
今回は、収入を実際に得た場合に必要な「大事な作業」である
”確定申告・納税”についてを説明していこうと思う。

確定申告・所得税の納税義務が必要になる条件

まずは、YouTubeの広告収入など、インターネットで収入を得ている場合に
確定申告が必要になるにはどういった場合だろうか。

申告が必要となる儲けは年間の合計額で判断される。
だから、インターネットによる儲け以外にも
給与収入が有るかどうかによって判断する必要があるね。
確定申告が必要な儲けは次の通りだ。

給与収入がある場合・・・インターネットによる所得が20万円超の場合
専業主婦など他に収入がない場合・・・インターネットによる所得が38万円超の場合

基本的にはこの2パターンで判断すればいいんだけど、例外がある。

住宅ローン控除の初年度や医療費控除を受ける場合など、
他の理由で確定申告をする場合
には、
少額であっても広告による所得を含めて確定申告が必要だ。

YouTubeの広告収入の種類

広告によって得られた収入は、“事業所得”か“雑所得”として確定申告する。

Googleから毎月広告収入があったとしても、
そこに勤めている(雇われている)わけではないから、
給与所得ではないっていうことだね!

事業所得雑所得かの判断は広告収入の規模によって決まる。
一定以上の規模であれば事業所得、
規模が小さく副業程度であれば雑所得っていうことだよ。

ちなみに、事業所得で青色申告をすることによって、
青色申告特別控除の適用を受けたり、損失を他の所得と通算(相殺)したりして
いわゆる「節税」することができるから、
少々手続きは必要だけど、事業所得に該当する場合は青色申告をお勧めするよ!

確定申告・納税しないとどうなる?

申告漏れなどは見つかる?見つからない?

YouTubeなど、ネットで収入を得ている人は特に注意が必要なのは、
無申告・申告漏れなどだ。

ネットで収入を得ている場合は、
その支払いはほとんど、銀行口座への振込だよね。
またはお金のやり取りのほとんどが口座やクレジットカードであることから、
収支の事実が記録として残るということを忘れちゃいけない。

しかも、その支払元が大手企業だったり、ほぼ定期的に支払いがあったりすれば、
君が支払いを受けていないように装ってみたり、
金額を誤魔化して少なく申告するなんてことは、
いつか何らかの形でバレると思っておいた方がいいだろう。

国税局には「電子商取引専門調査チーム」が設けられていて、
インターネット取引を調査しているそうだ。

この部署ではインターネット上の取引を監視している『情報技術専門官』がいて、
YouTubeやアフィリエイト、ネット販売などの動向をチェックして
申告漏れの可能性を判断しているらしい。

例えばYouTubeの場合には、再生回数からおおよその収入金額を把握できる。
さらに、税務署では過去の申告から業種ごとの経費率を把握していて、
それによって所得が生じているかいないかを容易に判断することができるんだよ。

そのため申告漏れとして見つかるケースが増えているため要注意だよ!

つまり、頭をつかうべきなのは「どうやって収入をちょろまかそうか」ではなく
「どうやってより多くの経費を計上して納税額を減らせるか」だよね!

そして、それを正しく申告することだ。

無申告や申告漏れが見つかるとどうなるの?

今まで確定申告をサボっていた人は、税部署に指摘される前に自ら申告しよう。

自主申告すればペナルティは5%だけど、
税務署に指摘されると15%になる。

ペナルティとは無申告加算税のことで、
もし所得隠しと認定されると重加算税が課されることもある。

あとから大事に至る前に、たとえ少額であっても、
きちんと収支を管理して申告に備えることが必要だよ!

確定申告をするために参考となる情報

確定申告といっても、記帳の仕方が難しそう…そう思っている人も
オンラインでネットで簡単に作成することができるサービスや、
国税庁のe-tax申告書作成ページを利用するといいだろう。

ここはYouTubeのサイトだから、
確定申告の具体的な方法や詳しいことまで触れないけど、
今はネットで、簡単にそういう情報を知ることができるから、
各自、必要になったら、しっかり検索して正しい知識をつけてほしいな

税理士さんのブログでYoutubeの収入に対する確定申告について書いている記事も、
ぜひ参考にしてみるといいね!

編集後記

どうだったかな?

Youtubeだけでいえば、確定申告が必要になるほどの収入を得るには、
かなりの再生回数が必要になるけども、
いつかウハウハのYoutuberになった時の為に、知識は必要だ!

頑張ってYoutubeやネットで稼いで、節税が必要なくらいになったら、
ぜひとも僕と契約してほしいな!

▼この記事をシェアする
 1 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/tax-return) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 0 
スポンサードリンク


コメントする


▼本文

※○○できない!という場合は、まず記事に書いてあることを一通り試してみてください。
それでも解決しなかったら、どのような状態か、どのようなエラーが出ているかを具体的に記述してください。

※全てのコメントに対しての返信はできませんが、いただいたコメントは今後の参考にさせていただきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ