YouTube:mp3音楽が聞けない・開けない時の原因と解決法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTube:mp3音楽が聞けない・開けない時の原因と解決法

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/mp3-trouble) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 0 

YouTubeなどの動画サイトからmp3音楽ファイルをダウンロードしたり、
元々PCに入れていたmp3ファイルを聴こうと思ったら
あれ!?再生できないじゃん!。。。って困った経験はないかな?

今回はmp3ファイルが、プレイヤーを使っても再生できない場合の原因と
解決方法をまとめてみたよ。

確認その1:拡張子とデータの確認と解決法

ファイルの拡張子をチェックする

これは基本的なミスをしていないかの確認だ。

ダウンロード、またはPC内やスマホに入っている、再生したいファイルの拡張子が
mp3になっているかを、今一度確認してみよう。

音楽ファイル自体のデータが正しいか確認

音楽ファイルであれば、そのファイル名にマウスオンすると、
ファイルサイズと、データ(音楽)の収録時間が表示される。

5分くらいの音楽なら、圧縮されたmp3やwmaでも数MBのデータサイズになっているし、
05:00というような収録データのタイムも表示されている。

これが、明らかにデータ量が少なかったり、時間が0だったりすると
そのファイル自体が破損しているっていうことだ。

これは、主にダウンロード時の不具合か、変換時の不具合が原因だ。

ダウンロードや変換の途中にエラーが起きて中断されたりすると、
ファイル名はちゃんとしてるけど、中身は破損してるファイルができたりするんだ。

上記の場合の解決策

上記のような場合は、ダウンロードをやり直すことがまず一つ。

そして、それ以外には、ファイルを一旦WAVファイル(非圧縮ファイル)に変換
再生してみることだ。

もし、WAVファイルが正常に再生できたなら、
改めてWAV⇒mp3へ変換しよう。

 

確認その2:再生アプリの確認と解決法

上記で、拡張子もデータの中身も正常だった場合に考えられる原因は
音楽を再生するためのアプリやソフトがmp3に対応していないということだ。

今はmp3音楽ファイルは、主流のファイルになっているから
対応していないことはないんだけど、
稀にソフトを更新していなかったり、ソフト自体が古いもの使っていたりして、
mp3に対応してない場合がある。

この場合は、アプリやソフトを更新するか、新しく別のアプリなどに乗り換えよう

物持ちが良いのは良いことだけれども、
デジタルの面でいえば、更新は「不具合の改善」もされているし、
新しいグレードがどんどん出て来て、いずれは古すぎるものはサポートが終了してしまう。

アップグレードや更新の案内があれば、なるべく従っておくほうが賢明なんだ。
Windows Media Playerが最新版になっているか、ついでに確認してみよう。
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-media-player

 

また、例えばauのLismoなんかは、専用のファイル形式があるから
直接mp3ファイルが開けないそうだ。

スマホの分野でも、mp3は主流とはいえ、携帯独自の音声ファイルや動画ファイルが
つかわれているから、スマホは特にアプリがどのファイルに対応しているか、
チェックしておくべきだね。

 確認その3:ファイルの関連付けと解決法

通常、自分で間違った操作をしていなければ、
音楽ファイルをクリックすると、音楽プレイヤーで起動するように関連付けられている

これが、稀に関連付けを間違えてしまっている事がある。

本来であれば、音楽ファイルを右クリックすると、
対応する音楽プレイヤーが表示(下図①)されている。

 

2015-10-27_12h57_38

図の②「プログラムから開く」を見てみると…

2015-10-27_13h05_16

ここにも対応プレイヤーが表示されているね。

注目はその下の「別のプログラムを選択」という項目だ。

 

ここで別のプログラムを選択してしまっていて、
それが音楽プレイヤーとは全く違うプログラムだった場合、
音楽ファイルを開こうとしても、当然音楽は再生できない状況になる。

まずは、この設定を変えてしまっていることはないとは思うけども、
念のため確認しておくといいだろう。

その他:保存できないような特殊な処理がされてる

例えばYouTube動画の場合、音楽ファイルだけ抽出するとか、
動画自体をダウンロードするとかができないよう設定している動画もある

そういった動画であれば、通常の変換サイトでダウンロードはできないから
もしダウンロードしたければ、それに対応した専用のソフトが必要になってくるね。

 

また、mp3のように音楽ファイルについても、
2次使用を避けるために、ダウンロードや再生回数が制限されているものがある

CDから読み込んだ音源や、購入した音楽ファイルによくあるタイプだ。

これは著作権保護の点からいえば、当然といえば当然なんだよ。

その場合は、しかたないから再度楽曲を購入するしかないだろうね。

まとめ

どうだったかな?

考えられる原因の、主なものをあげてみたけど
無事ファイルは再生できただろうか?

  • 動画をmp3に変換やダウンロードする時に不具合が起こりファイルが破損している
  • ファイルを開くためのソフトやアプリがmp3対応していない
  • ファイルの関連付けが間違っている
  • ファイル自体が、ダウンロードや再生制限されていることがある

ということだね。そのためには

  • ダウンロードをやりなおしてみる
  • ファイルを変換(エンコード)してみる
  • アプリやソフトを最新版に更新するか、別のものを試す

という方法が解決策だ。

今は、多くのファイルが対応されていて、mp3は主流の音楽ファイルになったけど、
未だデバイスによっては専用のファイルしか再生できないこともあるから、
ファイルの種類とアプリやソフトの関連性はチェックが必要だね!

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/mp3-trouble) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 0 
スポンサードリンク


コメントする


▼本文

※○○できない!という場合は、まず記事に書いてあることを一通り試してみてください。
それでも解決しなかったら、どのような状態か、どのようなエラーが出ているかを具体的に記述してください。

※全てのコメントに対しての返信はできませんが、いただいたコメントは今後の参考にさせていただきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ