YouTubeアカウント作成&ログイン:9のメリットと3のデメリット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeアカウント作成&ログイン:9のメリットと3のデメリット

▼この記事をシェアする
 1 
 0 
 1 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/login-merit-demerit) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 2 

YouTubeは、パソコンでもスマホでもタブレットでも、
特に設定もいらずに、誰でもすぐ簡単に、
楽しい動画を沢山見ることができるのも魅力のひとつだよね。

それなら、別にYouTube用にわざわざアカウント作って、
ログインする必要も無いんじゃないかと思うかもしれない。

でも、YouTube用のアカウント(Google+アカウント)を作ってログインすると、
YouTubeをもっと楽しむことができるようになるんだ!

一応、ログインすることのデメリットも
無いことも無いんだけども…

ということで、この記事では、
YouTubeのためにGoogle+アカウントを作ってログインすることの
9つのメリットと、3つのデメリットについて紹介しようじゃないか。

9のメリット

1:コメント投稿可能に

YouTube動画にコメントしたかったら、ログインは不可欠だ。

コメントとアカウントは紐付けられるから、
YouTubeに完全匿名でコメントはできなくなっている。

ただこれも、コメントでの誹謗中傷や荒らしを減らすために、
ある程度は役に立っているみたいだね。

2:動画を評価可能に

動画に高評価 または低評価をつけるのにも、アカウントが必要なんだ。

もしアカウント無しで高評価・低評価がつけられたら、
何としてでも広めたい動画に何度も高評価をつけたり、
気に入らない動画を何度も低評価するといった、
「不法な工作」が簡単にできちゃうからね。

そんなこと、YouTubeが簡単に許すわけがないだろう。

3:動画の視聴履歴が残るように

ネットで調べ物をしていてたまたま見つけたり、
Twitterなどで流れてきた動画を一度開いたけど、長いから後で見ようと思った時などに、
視聴履歴が残っていると簡単に探せて便利だよね。

これも、アカウント情報が無いと、YouTube側も管理しようが無いからね。

4:動画をお気に入り登録可能に

YouTubeのサイト内だけで、動画をお気に入り登録すれば、
後でまた見たい時に、簡単にアクセスできるようになるんだ。

YouTubeだけに特化した、君だけのお気に入り動画集も作れる。
それをYouTube内で公開することだって可能さ。

ブラウザのお気に入りを使うより、格段に使いやすいとはずだよ。

5:再生リストを作成・利用可能に

再生リスト機能を使うと、
お気に入りの動画を集めて、連続再生することだってできるんだ。
BGMや音楽プレイヤーのように使うことだってできるんだ。

自分が投稿した動画を集めた再生リストを作って、
より多くの人に動画を見てもらいやすくする使い方もあるね。

6:「あなたへのおすすめ」の精度が上がる

YouTubeの「あなたへのおすすめ」に出る動画は、
君が見てきた動画を元に決まるんだ。

たとえば、AKB48の動画ばかり見てたら、
AKB48の他の動画がおすすめに出やすくなるんだ。

ログインしていない状態や、初回ログイン時には、
適当に日本で人気の動画が紹介されると思うんだけど、
ログインして動画を見ているうちに、徐々に精度が上がってくるはずさ。

でも、この機能を消したいという人も多いようだけどね。

7:年齢制限付き動画も見れるように

YouTube動画の中には、削除されるほどではないけど、
未成年にはふさわしくない・年齢制限付きの動画もいくつかある。

そういう動画を見るには、プロフィールの年齢が成人になっているアカウントで、
YouTubeにログインしないとだめなんだ。

そもそも、アカウントが無いと年齢の確認のしようがないからね。

でも、厳密に年齢の証明がされるわけじゃないし、
ログインしなくても見れる裏ワザもあるようだから、
年齢制限が実質的に機能してるかどうかはちょっと微妙なんだけどね。

8:動画の投稿が可能に

ログイン無しで、完全匿名で動画投稿できちゃったら、
変な動画が今以上に大量に投稿されちゃって、
YouTube運営側も動画の管理が追いつかないだろう。

ま、これは当然だよね。

9:コミュニティ(チャンネル)の作成が可能に

これも動画投稿と同じようなものかな。
アカウントが無して、コミュニティをどうやって管理すればいいんだい?

YouTuberになるには、動画投稿と並んで必須の機能だよね。

3のデメリット

実を言うと、YouTubeにログインすることのデメリットらしいデメリットは
特に無いと言っても過言じゃないんだ。

どのデメリットも、少し気をつければ問題は無くなるものだからね。

それでも、あえてデメリットを上げるとしたら、
この3つがあるかな? と、いう事を紹介しておこう。

1:個人情報が広まる可能性がある。

YouTubeにログインするには、Google+のアカウントが必要になるんだ。

もし、Google+を本名で登録していて、
そのアカウントでYouTubeにログインしていて、
公開設定を初期設定のままにしていたら、
お気に入りの動画・コメント・評価した動画が、
他の人にも丸わかりになる可能性があるんだ。

どんな動画見てたのか、人に知られたくないならば、
このあたりは気をつけないといけないよ。

設定を変更して、お気に入りなどを非公開にするとか、
YouTube用に、別のGoogle+アカウントを作るというのもいいかもしれないね。

2:手間がかかる

Google+アカウントを作るには、
メールアドレスを作成したり、電話番号を入力する必要がある。

ネットに慣れてる人なら簡単にできることなんだけど、
慣れてないとちょっと大変かもしれないね。

でも、YouTubeをよく見るならば、
ログインせずに見ない方が、総合的に色々と面倒なことになりそうだけどね。

だから、慣れてなくても、最初頑張って登録しちゃった方が
後々ラクで良いだろうね。

3:YouTubeにハマりすぎる可能性がある

YouTubeが便利に見やすくなったのを良いことに、
ついつい面白い動画を夜遅く見ちゃって、
次の日遅刻しちゃったり…

…うん、こればっかりは君自身の意志力の問題だね。
YouTubeが楽しいのはわかるけど、ほどほどにしておこう。

まとめ

YouTubeにログインすると、どれだけのメリットがあるか、
そして、デメリットは大したこと無いってことが、よくわかっただろう?

これらをメリットと感じない人もいるかもしれないけど、
使っているうちにその便利さが分かってくるんじゃないかな。

僕と契約してYouTuberになる前に、
まずはYouTubeアカウントを作ってログインして、
YouTubeがどういう仕組みなのかを詳しく知るところから始めよう!

▼この記事をシェアする
 1 
 0 
 1 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/login-merit-demerit) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 2 
スポンサードリンク


コメントする


▼本文

※○○できない!という場合は、まず記事に書いてあることを一通り試してみてください。
それでも解決しなかったら、どのような状態か、どのようなエラーが出ているかを具体的に記述してください。

※全てのコメントに対しての返信はできませんが、いただいたコメントは今後の参考にさせていただきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ