YouTube:「クラッシュしました」の意味・原因・解決方法まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTube:「クラッシュしました」の意味・原因・解決方法まとめ

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 1 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/crash) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 1 

何かがグシャっと壊れることを「クラッシュ」と言うけれども、
YouTubeを見ているときに「クラッシュしました」と出ると
一体どういう意味で、何がどうなったのか不安になるだろうね。

でも安心してほしい。決して君のPCが壊れたわけではないよ。

今回は、YouTubeで「クラッシュしました」と出た時の原因や対処方法を
解説していこう。

YouTubeで時々出る「クラッシュしました」について

YouTubeでのクラッシュとは、
サーバー・プラグイン(プレイヤー)などの不具合が原因で、
突発的に動画にアクセスできなくなった状態なんだ。

YouTube動画を見るには、
パソコンやスマホなどのOSを使って、インターネット接続して、
ブラウザ(またはアプリ)を開いて、
動画と音声のプラグインを利用して視聴しているんだ。

ということで、OS/ネット回線/ブラウザ/プラグイン(プレイヤー)のどこかに
不具合が生じたことで見れなくなるわけだけども、

クラッシュした、という場合は、その殆どがFlashPlayerの不具合によるものらしい。
それも、多くはFireFoxで頻繁に起こるそうなんだ。

今回は一般的な対処方法を、FireFoxの例も挙げて対処法を見ていこう。

一時的なYouTubeサーバーの不具合

今や、動画共有サイトとして規模の大きなYouTubeでは、
サーバーの不具合は滅多に起こらないようなんだけれども、
何らかのサーバーエラーが起こった場合には、「クラッシュしました」と出る場合もある。

これは一時的なものなので、一旦アプリ終了して、再度アプリ起動で正常に戻るはずだ。

YouTubeを再起動してもクラッシュエラーが出るようなら、
他に原因がある、と考えて以下の状態をチェックしていこう。

端末・ブラウザ・動画再生プレイヤーの不具合

ブラウザを確認

まずは、YouTubeを開いているブラウザに問題がないか
ほかのブラウザで開いてみて、確認しよう。

他のブラウザで問題なくYouTubeが見れたのなら、ブラウザに不具合があるってことだ。

ブラウザの不具合は、キャッシュを削除することと、
バージョン確認をすることが第一だね!

http://www.whatbrowser.org/ にアクセスすると
ブラウザの状態が記載されているから、最新バージョンが入っているのかどうかわかる。

2015-11-15_13h39_46

 

また、各ブラウザの設定メニューからも確認する方法がある。

GoogleChromeの場合を例にすると、
ページ右上の≡マーククリックして設定を選択。
開いたページの左下「概要」をクリックする。

すると、現在使っているブラウザのバージョンが記載されている。

2015-11-28_15h52_48 (1)

 

Flashプレイヤープラグインの不具合

動画再生するときなどに使われるAdobe Flash Playerというプラグインの
バージョンが古かったり不具合があったりすると、
動画などの動的コンテンツが見れなくなることがある。

Flash Playerがクラッシュする場合は、
Flash Playerを最新のバージョンに更新することで解決できる。

まずは、現在使っているバージョンを確認して、
最新バージョンになっているか見てみよう。

バージョンが古い場合は、Adobe Flash Player ダウンロード ページから
最新バージョンをインストールするんだ。

では、バージョンの確認方法をいくつか見ていこう。

 

ブラウザからFlashPlayerのバージョンを確認する方法

FireFoxの場合、

メニューマーク≡アドオンプラグイン、という順に選択し、
プラグインが最新であるか確認する」をクリックしよう。

 

プラグインチェックページを活用する

もっと簡単な方法といえば、プラグインチェックページの利用だ。

FireFoxの場合は、プラグインチェックページ を利用してみよう。

 

こんなことで解決する場合も!

Fire Foxでは、OOPP(Out of process Plugin)といって、
firefox全体がクラッシュしないようにするシステムになっているんだ。

とはいっても、色々なプラグイン全てが適応できないこともあり、
ひとつのプラグインがクラッシュすることで、他のプラグインを利用しているコンテンツで
クラッシュエラーが表示されることがある。

FireFoxで、ちょろちょろと不具合が多いのは、こういったことが原因の一つでもあるんだ。

例えばFireFoxでFlashPlayerを表示しているとき、
FlashPlayerは保護モードで実行されているんだけども、
この保護モードを無効にすることで解決する場合があるんだ。

FlashPlayerの保護モードの無効化は、こちらのサイトを参考にしてみたらどうだろうか。
FirefoxからFlash Playerの保護モードを無効化する方法 (GUIから設定可能になっています) – WebStudio

HTML5プレイヤーを使うことがおすすめ

YouTubeは2015年の1月から、ほぼ完全にHTML5プレイヤーに移行している。

ブラウザを最新バージョンにしていれば、自然とHTML5になっているはずなんだけど、
古いバージョンのまま使っている場合や、HTML5になっていない!なんて場合に、
HTML5に変更しておくことをおすすめする。

HTML5リクエストページ というページで、
現在君が使っているのがHTML5なのかどうかの確認もできるし、
HTML5に変更することもできる。

HTML5について詳しく知りたいなら、
YouTubeのhtml5プレイヤーとは?Flashと何が違う? の記事を読んでみてほしい。

まとめ

どうだったかな?

YouTubeの動画再生画面で起こるエラーの多くは、
動画再生のプラグインであるFlashPlayerの不具合が多く、
FireFoxでは、他のブラウザより多くエラーが出現しているってことだ。

  • 時間をおいて再アクセス・または再起動してみると解消する
  • ブラウザ・プラグイン・OSのバージョンが最新でない場合にも出現する
  • FireFoxは、プラグイン関連の不具合が多いといわれている。
  • YouTubeの不具合やクラッシュを避けるためにもHTML5に切り替えよう

ということだ。
便利なPCやスマホも、一つのサイトやアプリを実行するのに
色々なプロセスが使われているわけだから、不具合も起こる。

仕組みが分かってくると、起こったエラーの原因もおおよそ検討がつくようになる。
講座で書いたこんな記事も、今回の対処法や今後の対処法の参考になると思うから
ぜひ読んでみてくれよな。

YouTube:PCで画面真っ黒/真っ白で見れない時の解決方法

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 1 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/crash) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 1 
スポンサードリンク


コメントする


▼本文

※○○できない!という場合は、まず記事に書いてあることを一通り試してみてください。
それでも解決しなかったら、どのような状態か、どのようなエラーが出ているかを具体的に記述してください。

※全てのコメントに対しての返信はできませんが、いただいたコメントは今後の参考にさせていただきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ