YouTubeで検索出来ない・おかしい時の原因と解決方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeで検索出来ない・おかしい時の原因と解決方法

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/cant-search) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 0 

YouTubeで動画を検索する上手なコツを講座で説明したけど
お目当ての動画に素早くたどり着けているかな?

今回は、今までに実際あった「検索の不具合」について
書いていくよ。

もし検索のときにおかしな症状が出たら、参考にしてほしいな。

YouTubeの検索がおかしい時の実例

頻繁ではないんだけど、今までに実際以下のような「不具合」の例があったんだ。

  • 検索バーに文字が入力できない(消えてしまう・文字が表示されない)
  • 検索バーにマウスの矢印をもっていってもカーソルが表示されない
  • 漢字に変換しようとスペースキーを押すと勝手にページが再読み込みされる

これらは一例ではあるんだけど、実際にあった例だ。

YouTubeで動画を観る時には、検索は頻繁に使うから
検索できないとなると困っちゃうよね!

この問題については明確な原因がある時や、無い時があるけど、
これから説明する方法のいくつかを試すと不具合が治ったそうだから、
ぜひ、参考にしてほしい。

1:アプリケーションのバージョンが古い、または未対応

これは、YouTubeに限らずなんだけど、
サービスを利用する時に、使っているアプリケーションが古い場合に不具合が起こる。

特にYouTubeは仕様変更も頻繁だから、その際に対応できるように、
アプリの更新はとっても大事なんだ。

最新バージョンに更新されているか確認する必要があるのは
主に以下のアプリケーションだ。

  • FlashPlayer
  • YouTubeを見ているwebブラウザ(IEやSafariは特に注意)
  • Java

これらのバージョンが古いと、YouTubeに不具合が起こることが多いよ。

もし、どれを更新するべきか解らなかったら、
例えばWindowsなら「Windows update」で、未更新のものを確認するといい。

あと、YouTubeがサポートしていないOSなどを使っていると、
当然ではあるけど、不具合が頻発する。

あまりアプリ等に詳しくないなく、自分で不具合を解決できないならば、
それほど使われてないマイナーなアプリやブラウザを使うことを控えて、
YouTubeがサポートしている、メジャーなアプリやOS
を使うといいと思うね。

1つ注意しておくのは、こういったアプリやOSを更新した場合、
古いバージョンがPCに残っていると、新しいバージョンが反映されないから、
古いバージョンは必ず削除しておくことだ。

2:YouTube側の不具合

今はあまりYouTubeのバグや不具合に遭遇することは少ないんだけど、
YouTubeが仕様変更しているときなどには、
稀にYouTubeのシステムが問題で検索に不具合が出ることもある。

こういう時は、時間をおいてから再アクセスするのが一番だ。

その間に、違うブラウザで試してみたり、スマホやiPhoneからアクセスしてみて
他の端末やブラウザでも同じ不具合が起きているか確認するといいね!

それと、YouTube以外(たとえば、普通のweb検索や、他のソフト)でも
検索文字入力が変なのかを確認しておくことも大事だ。
他のソフトでは普通に検索できるのであれば、
明らかにYouTubeに関係する原因ってことになるからね!

3:PCやブラウザ自体のその他の不具合

PCやブラウザを使っていると、色々なアドオンを追加したり、
セキュリティーソフトを使っていたり、
ブラウザに古いキャッシュが残っていたりする。

こういったものが原因で、文字入力自体に不具合を起こす可能性もある。

そんな時には

  • ブラウザのキャッシュをクリアしてブラウザを再起動
  • PCで一時ファイルを削除
  • cookieを削除
  • PCを再起動

などで対処しよう。案外これで元に戻ることがある。
また、何が原因か解らない時の対処法としても、再起動やキャッシュクリアは有効だよ。

オマケ:文字入力がおかしい時に試してほしい小技

入力機能がどうもおかしいときに、上記の対策をするのは勿論大事なんだけど、
とりあえず急いでいて、今すぐに検索したい!っていう時があるよね?

そんな時に、以下の方法で、とりあえず文字入力ができたり、
変換不具合が解消できることもある

  • メモ帳かWordなどに検索したい文字を入力して、YouTube検索窓にコピペする
  • 変換キーを押すとおかしくなる場合、Shiftキーを押しながら変換キーを押す
  • 検索窓をもう1回クリックする

この3つで解決した実例もあるから、
急ぎの場合は、一度試してみてほしい。

編集後記

どうだったかな?

YouTubeはどんどん仕様が新しくなったりして、
その都度、関連するアプリなどで不具合が起こったり、
せっかく入手した解決法も既に古かったりで、何かあった時に面倒だね!

でも、YouTubeの不具合は、YouTube側が問題の場合すぐに解決することも多いから、
色々な方法を試しながら長く付き合っていってほしいなと思うよ。

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/cant-search) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 0 
スポンサードリンク


コメントする


▼本文

※○○できない!という場合は、まず記事に書いてあることを一通り試してみてください。
それでも解決しなかったら、どのような状態か、どのようなエラーが出ているかを具体的に記述してください。

※全てのコメントに対しての返信はできませんが、いただいたコメントは今後の参考にさせていただきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ