YouTube:キャッシュとはどういう意味?わかりやすく解説!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTube:キャッシュとはどういう意味?わかりやすく解説!

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/cache) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 0 

YouTubeを便利に使おうとしていく中で、
「不具合の時にキャッシュを削除して…」とか、
 「キャッシュを端末に保存して…」とか
キャッシュ”というワードが解決方法やツールなどの中に出てくるね。

そもそも、このキャッシュって何のこと?
どんな時に使うもの?
で、どこにあるわけ?

という初歩的な疑問について解説していこう。

キャッシュって何者?

キャッシュとは、読み込んだファイルを一時保管するデータファイルのことだ。

最初にサイトにアクセスしたときに、画像や動画などのデータを保存しておいて、
次回にアクセスした時に、再度読み込みをせず、素早くページを表示させてくれるんだ。

このキャッシュファイルは、PCやスマホなどの端末に
一定期間データとして保存される。

キャッシュは本来、読み込み速度を速くするためのものなんだけども、
キャッシュ溜まりすぎると、YouTubeの場合では、
検索してから動画が表示されるまで時間がかかったりするなど、
不具合が生じることもあるんだ。

PCに比べてスペックが低めのスマホだと特に顕著で、
スマホ自体の動きが遅くなったりすることもあるんだ。

だから良く「不具合が起きたらまずキャッシュの削除」とも言われているんだよ。
参考:パソコンでYouTubeが見れない!よくある原因&解決法まとめ

キャッシュって、いつ使うの?

キャッシュが「一時保存ファイル」ということがわかったところで、
「でも実際に使う事ってないし、キャッシュの場所を開いたこともない」
そんな人も多いよね。

君がキャッシュファイルを意識して直接使う事は無くても、
PCやスマホでは、アプリやソフトを使っている時は
自動的にキャッシュのデータを利用して読み込んでいる

そのキャッシュを利用して、オフラインで動画再生するアプリやソフトが存在するわけだ。

勿論、それを知ったうえで上手に利用しようと、
ユーザー自身がキャッシュを使う時もある。

キャッシュを端末から取り出して、動画ファイルとして再生したい場合などがそうだね。

キャッシュファイルってどこに保存されているのか

肝心なそのキャッシュファイルは、どこに保存されているか

Google chromeの場合を見てみよう。

まずはエクスプローラーを開いて、
Windows(C)ユーザーユーザー名AppDataLocalGooglechromeUserDataDefaurtCach

のフォルダに入っている。
これについては、YouTubeのキャッシュが残らない?確認すべき保存場所まとめ 
でも説明したように、IEの場合は上記の「AppData」までは同じで、
それ以降は MicrosoftWindows INet Cache

などに入っている。

2015-11-12_08h17_35

フォルダの中は、同じような名前のファイルばかり詰まっているよね。

しかも残念なことに、
通常であればmp4、flv、swfなどで表示される動画ファイルの拡張子
この画面では表示されないから、どれが動画なのかわかりづらい

だから、この中のどれが動画のキャッシュなのかを知るには、
大きいファイルサイズを探すといいんだ。
動画ファイルのサイズは他のものより大きいからね。

キャッシュフォルダの上にある「サイズ」というタブをクリックするたびに
「大きいサイズ順」「小さいサイズ順」と、表示順がかわるはずだ。

でも、もしそれらしいファイルが見当たらない場合は、
動画ファイルのキャッシュが保存できていなかったり
キャッシュが自動的に削除されていたり、キャッシュ自体保存できない仕様の動画だったり
様々な理由がある。
参考:YouTubeのキャッシュが残らない?確認すべき保存場所まとめ

この中でも特に多いのは、
動画の読み込み(グレーのシークバー)が最後まで行われていなかった場合だろう。

2015-11-12_23h33_47

動画再生中は、シークバーが赤く進んでいくけれども、
それより先に進んでいくグレーの部分があって、
それが「ストリーミング」再生といって、先にデータを読み込んでいる状態なんだ。

このグレーのバーが一番最後まで進んでいけば、読み込み完了
動画を最後まで再生しなくてもキャッシュファイルとして端末に残るという仕組みだ。

まとめ

どうだったかな?
キャッシュファイルとは何者なのか?
どういう時に使って、どこに保存されているか、などについて
わかったかな?

  • キャッシュとは、インターネットを快適に表示するために一時保存されたデータ
  • ファイルの場所にたどり着くのは少し手間がかかる
  • ファイルの拡張子が表示されていない事が殆どなので、ファイルサイズで目星を付ける
  • キャッシュを取り出して、閲覧、再生などするには専用のソフトやアプリが必要
  • YouTube動画のキャッシュは、最後までストリーミング(読み込み)できていないと
    キャッシュとして保存されない

ということだったね。

オフラインで見ることが出来ると、
スマホなどは接続環境を気にせず視聴できたりして便利ではあると思う。

ただし、違法アップロードされた動画(著作権侵害している動画など)の場合、
キャッシュファイルを取り出して視聴することは
「意図して動画をダウンロード」したことになり、
「違法ダウンロード」となるから注意だよ!

参考:YouTubeで音楽・動画ダウンロードは違法?逮捕されない?

動画の二次使用や投稿、配信などには充分気を付けて、
あくまで個人が楽しむだけにとどめておくことが大事だよ。

▼この記事をシェアする
 0 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/cache) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 0 
スポンサードリンク


コメントする


▼本文

※○○できない!という場合は、まず記事に書いてあることを一通り試してみてください。
それでも解決しなかったら、どのような状態か、どのようなエラーが出ているかを具体的に記述してください。

※全てのコメントに対しての返信はできませんが、いただいたコメントは今後の参考にさせていただきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ