YouTubeの4K動画とは?再生方法,見れない時の解決法まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeの4K動画とは?再生方法,見れない時の解決法まとめ

▼この記事をシェアする
 2 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/4k) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 1 

YouTubeを楽しんでる皆は、
YouTubeの4K動画を目にしたことがあると思う。

映像はどんどん綺麗になっていくんだけど、
そもそも4K動画って何?YouTubeの4K動画やテレビの4K放送って、
どうしたら見ることが出来るの?

そんな初歩的な部分も含めて、
4K動画の再生方法や見れない時の解決方法を解説していこう!

4K動画とは?

動画にも、写真と同じで画素数がある。

この、画面を構成する画素の数が約「4,000×2,000」(4キロ×2キロ)あって、
つまり4K2Kを略して4Kと呼ばれているんだ。

現在の標準的な解像度の定義は、640×480(480i/p)から始まり、
HD1280×720(720p)、1920×1080(1080i/p)まで向上して、
今YouTubeの標準動画の最高画質は1080pウルトラHDだよね。

ようするに4Kというと、フルハイビジョンの4倍にあたる高画質!ということなんだ。

ただし、この4K動画はパソコンで見るより、大画面のテレビで見るべきだ。
そして、スマホで見るのは画面が小さいからそもそも無意味。

4K対応の機種も今後続々と出てくるけど、
小さい画面で、果たしてどこまでその高画質を堪能できるかがちょっと疑問かな…。

4K本来の画質の美しさを楽しむためには、それ相応のスーパーディスプレイが必要で、
しかも多くの人は2.5メートル離れると720pと1080pの区別ができないといわれている。

1080pと4K映像の違いも、そういった意味では巨大なスクリーンに映さない限り、
その違いが感じられないといわれているんだ。

PCよりも、インチの大きいテレビで4K映像を楽しむ方が、
より高画質を体感できるということだ。

4K動画の再生方法

本来、純粋な4K映像(髪の毛1本1本の動きが繊細とか、水しぶきの1滴が繊細とか)を
楽しもうと思うと、4K映像に対応したスペックのモニターが必要なんだ。

でも、4Kで撮影された動画は、4K非対応のモニターでも『綺麗さ』を実感はできる。

まずは実際に4K動画を再生する方法を簡単に説明していこう!

パソコンの場合

手っ取り早くYouTubeの4K動画を見てみよう。

  • 4K撮影された動画を観る
  • 動画の設定を4Kにして観る

図1

まず4K撮影された動画を観るには、YouTubeで『4K』と検索したり、
4Kチャンネル(Panasnic4K Japan) などのチャンネルがある。
元々4Kの画質で撮影された映像だから、大変綺麗な画質になっているよ。

ただしこの状態では、
あくまで『元々の画質が良い映像を4Kではない標準のモニターで見ている』に過ぎない。
4K映像を、純粋に4Kで見るには
YouTubeの画質設定に新たに追加された「2160p(4K)」で設定するんだ。

実際に4K再生を試してみると…あれ? 再生がカクカクで中々動画が進まない…!
そんな事になるかもしれないね。

この問題については、後ほどじっくり解説しよう。

テレビの場合

テレビでYouTubeの4K動画を観たい場合の方法だ。
さきほど説明したように、PCよりも大きいなモニターであるテレビの方が、
確実に高画質を実感できると思う。

方法は、HDMIケーブルでPCとテレビを繋ぐのが最も一般的な方法だ。

ただし、PCと同じで、
元々4K対応のモニターで見ないと、純粋な4K映像を楽しめない。
とはいえ、高画質4Kで撮影された動画だから、
勿論、普通の映像を見るよりは綺麗だという事が充分にわかると思う。

見れない・再生できない時

先ほど、YouTubeで「4K」画質に設定して再生した途端、
動画がカクついたり、中々再生が進まなかったりした人も多いと思う。
その原因と解決法は次の通りだ。

原因

4Kは超高画質だから、動画のデータサイズビットレート非常に高い

だから、よっぽど通信速度が速くないと、読み込みが間に合わずに止まったり、
PCのスペックが低くても、再生したときにカクカクになったりすることもあるんだ。

 

解決方法

解決方法としては、動画のページを開いて、
読み込みが完了するまでしばらく待ってから、再生することをおすすめするよ。

YouTubeの4K動画をダウンロードできるソフトを使うのがおススメだ。
有料ソフトや無料ソフトで、すでに4K動画もスムーズに対応できるソフトが
結構出回っているよ!

そういったソフトで動画をダウンロードすれば、
通信環境やPCのスペックに関わらず、4K動画をオフラインで再生できるね!

ただ、読み込み完了を待ってから再生しても、上手く再生できない場合は、
PCのスペックが低いのが原因である可能性もある。

そういう場合は、新しいPCの購入を検討するか、
テレビで動画を再生する方がいいかもしれないね。

編集後記

映像技術はどんどん進化していくね!

4Kどころか8Kの話題も出ているんだから、
慌てて4K対応のモニター機器やテレビを購入するかどうかは
難しい所だね。

また、観る環境が整ってこそ、4Kの純粋な高画質を堪能できるんだ。

もちろん、YouTubeの4K動画を見たらわかるように、
4Kの環境で見なくてもその綺麗さは感じたと思うから、
これが、4K対応の機器で、それなりの大きさのモニターで見た場合、
感動の画質なんだろうなと想像できるよね!

▼この記事をシェアする
 2 
 0 
 0 
 
Warning: file_get_contents(http://widgets.getpocket.com/v1/button?v=1&count=horizontal&url=http://youtube-lect.jp/4k) [function.file-get-contents]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 400 Bad Request in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 16

Warning: DOMDocument::loadHTML() [domdocument.loadhtml]: Empty string supplied as input in /home/ceya01/youtube-lect.jp/public_html/wp-content/themes/keni62_wp_corp_141111/mod_functions.php on line 22
 1 
スポンサードリンク


コメントする


▼本文

※○○できない!という場合は、まず記事に書いてあることを一通り試してみてください。
それでも解決しなかったら、どのような状態か、どのようなエラーが出ているかを具体的に記述してください。

※全てのコメントに対しての返信はできませんが、いただいたコメントは今後の参考にさせていただきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ